農業を始める

東北で農業を始めるには

経営・補助金

ガーデニング

アスパラガス生産

アスパラについて

アスパラ栽培を始めよう

アスパラ生産の事前準備

農業豆知識

パイプハウスの建て方

農業における収入

肥料・農薬・資材について

農業って儲かるの?楽してお金を稼ぐ方法は?

いきなりですが、自分が働かなくても収入を得る事が出来ればそれに越した事はありませんよね。
しかし、現実は働かなければお金にならない事は皆さんが知っているはずです。ましてや農家さんはそれを重々承知しているはずですが、歳を取っていけば体は動かなくなってしまうものです。そこで今回は自分が働かなくてもある程度の収入を得る為にはどうするのか?を記事にしてみました。


人を雇用する
 

ざっくり言ってしまえば楽をするためには機械と人を使えば良いだけの話です。ただし、そこにお金を稼ぐという事をプラスするなら頭を使う事が必要ですよね。
例えば1人でアスパラ栽培(露地で1反)をしている人がいます。売上80万-経費30万=利益50万と仮定して、面積を1町に増やせば単純に利益は500万となります。が、1人で1町の面積をこなすのは難しいので人を雇用すると、人件費という経費が増えますから利益は単純に10倍とはいきませんよね。仮に2人雇用した場合の人件費を年間で200万(100万/1人)とすると、利益は300万になる訳です。さらにここで自分が抜け、人をもう1人雇用した場合は人件費が300万となり利益が200万に減りますが、この場合は自分が仕事をしていなくても200万が入ってくる訳です。極論ですが。。。
また、今まで手作業で行ってきた事もなるべく機械化する事で労力が軽減されますよね。もちろん、機械を導入するにはコストもかかりますが、1つの作業に6時間もかかっていたのが機械を使う事により1時間で終わらせる事が出来る場合もあります。しかし、人と機械を使う事によって楽に仕事が出来るといいましたが、一番大事なのは利益がでるかどうかです。
面積を拡大して、人もたくさん雇用し機械も入れたからと言って利益がでるとは限りませんよね?売上が経費を上回れば赤字ですから、十分な利益が出るように考えなければなりませんね。


機械を貸す
 

農業機械は年中使用する機械もあれば年に数回しか使用しない機械もあります。
せっかく何百万も出して購入した機械が年に2、3回しか使わない状態なら勿体無いですよね。それならば機械を貸して賃借料を取ればもらえばいいのです。
特に新規就農者などは自己資金が少ない為、トラクターなどを購入するためにはお金の借り入れが必要になりますし、年に1度しかトラクターを使わない方なんかは借りた方が得な訳です。
機械を貸し出す際に重要なのが故障した際の責任の所在です。農業機械などは修理代が高いですから、貸した機械が壊れて返ってきたら逆にマイナスになってしまいます。
そんなトラブルを防ぐためにもしっかりとしたルールを決めておくことが重要です。


収穫時期をずらす
 

野菜の流通に関しての記事を書いた際に、全体的に出荷量が少なければ価格が高いというお話をしました。
僕が作っているアスパラやミニトマトも同じで、アスパラだったら4~5月中旬、ミニトマトだったら9月中旬~10月下旬が高値の時期です。
理由はその時期は他の産地との競合が少ないとか理由はいろいろありますが、ミニトマトなんかは1パックあたりの価格が倍以上も違います。同じ仕事をして価格が倍も違うなら、高値の時期に沢山出荷した方が得ですよね。価格が倍なら利益も倍だ!と思うかもしれませんが違います!倍以上です!
その理由は簡単に説明すると以下のようになります。

※梱包代金が10円と仮定します。
・1パック100円の場合「100円-10円×1=90円」→90円の利益
・1パック200円の場合「200円-10円×1=190円」→190円の利益 ※差額=100円
となります。1パックだけだと大した差に思いませんがこれが1,000パックだった場合は以下の様になります。

・1パック100円の場合「100円-10円×1,000パック=9万円」→9万の利益
・1パック200円の場合「200円-10円×1,000パック=19万」→19万の利益 ※差額=10万円
こうなる訳です。

同じ仕事をして同じ出荷量でも出荷時期が違うだけでこのような結果になってくるのです。これだったら価格が高い時期に出荷した方が得という事になりますが、実際にこの様に栽培するのは結構難しい物です。やはりそれなりの知識と経験が必要となってきます。

最後になりますが、人を雇うにしても機械を導入するにしても初期費用が必要になります。というのも農業は種を播いてから収穫になるまでには時間が掛かり、その間は収入が無いからです。
もちろんお金を借りるという方法もありますが、新規就農で実績も無い人が借り入れできる金額などたかが知れています。では、どうするのか?というと結局は自分が働いてお金を稼ぐしかないのです。
なので、とりあえずは目の前の仕事を一生懸命頑張る事です。そこである程度の利益が出たら以上の事も考えてみるのがいいと思います。ではまた!

「農業を始める」の記事一覧