農業を始める

東北で農業を始めるには

経営・補助金

ガーデニング

アスパラガス生産

アスパラについて

アスパラ栽培を始めよう

アスパラ生産の事前準備

農業豆知識

パイプハウスの建て方

農業における収入

肥料・農薬・資材について

農業にとって必要な才能や素質はあるのか?

世の中で成功している人を見ると大概の人はあいつは才能があるから!運がいいから!環境が良かったから!なんて事を言いますよね。
僕からすると、それって遠まわしに成功した人は何もしていないって言っているのと同じ事だと思うんですよね。才能、運、環境があっても行動しなかったら成功などしませんよ。
例えば、スポーツで活躍している人が寝ていて活躍できますか?家に閉じこもって漫画ばかり読んでいる人が年収1億円稼げますか?
世の中で成功している人は、必ず行動している人です。って僕は成功している人間ではないので、偉そうなことは言えませんが( ̄□ ̄;)!!
では、農業ではどうなのか?を僕の知り合いを例に出しながら記事にしていきます。
 
農家に必要なのはまず働く事
 
僕が周囲の農家さんを見ていて思ったのは、成功している農家の方はまず何と言っても働きます。 そして、失敗している農家の人は大して働きません。これは本当です!どんなに頭が良くて情報を多く持っている人でも、畑に出て仕事をしていない人成功していません。実際に僕の周りにも沢山の農家さんがいますが、これは本当です! なぜ、こう言い切れるのかというと、僕の父が働く人だからです。僕の父は東北一の生産量を誇るアスパラ農家です。そんな父の姿を幼い頃から見ていますが、とにかく働きます。 それは僕だけじゃなく周りの人も見ていますが、みんな同じ事を言います。なので、成功するためにはまず働く事なのですただし、働き過ぎて身体を壊してはいけませんが。。。
 
決断は早く
 
思い立ったら即行動しましょう!悪い例として僕の知人を紹介しますね。
僕の農家仲間のUさんは、4年前に就農を決意し家、農地、小屋をセットで探していました。そんなUさんの希望を全てクリアする物件があったのですが、彼はハッキリとした答えを出さず時間だけが経過し、彼が借りようと決めた頃には時すでに遅しで、大家さんが別の方に貸してしまったのです。
そんなUさんは今、岩がゴロゴロ出てくる農地で四苦八苦しながら農業に励んでおりますが、会う度に「ここは本当にダメだ」と嘆いております。
これから農業をはじめる方は、こんな風にならないように決断は早目にした方が良いでしょう。
 
収入をあげたいなら何かを変える
 
以前、製造業の会社に勤務している僕の知人と話した時に「10年も働いてるのに給料が少ししか上がらない」と言っていました。
でも、彼が10年間、同じ部署で同じ仕事をしているんですから、給料が少ししか上がらないのは当たり前だと思うのです。
これを農業に置き換えて説明していくとこんな感じです。
「1反の面積で10年間、同じ栽培方法で同じ作物をつくっているんだけど、全然売上が変わらない」と言っているんですこれはどう考えても売上が変わる訳はありませんよね?僕の知人が言っているのはこういう事です。なので、知人が給料アップを目指すなら部品を作るスピードを上げて量を増やす、ミスを無くす、コストが掛からない作り方をするなどして利益に貢献しなくてはならないのです。そんな事もせずになぜ給料があがると考えているのか。正直、甘く見ていると考えてしまいます。
農業だったら、面積を増やす、肥料や農薬のコストを下げる、人件費削減の為に機械を導入するなどしないとなりませんね。
 
目標を持つ
 
農業をやる以上は目標を決める事が重要です。ただ目標を立てるだけでなく、期限を決めて数値化した目標を立てるといいと思います。
期限があれば人は使命感から人は行動しますが、期限が無ければ大概の人は何もしません。また、目標期限は10年後とか20年後じゃなく3年後などの短い期間に設定した方が良いでしょう。期限が短ければ「いずれ」ではなく「すぐ」動きますから、成果が早く出ます。成果が出ればやる気が湧いてくるので1年ごとの目標を立てる事を勧めます。
ただし、現実味のある数値目標を立てなければ意味がありませんので、「この目標だったら何とか達成できそうだ」というところを目安に立てるといいと思いますよ。

「農業を始める」の記事一覧