農業を始める

東北で農業を始めるには

経営・補助金

ガーデニング

アスパラガス生産

アスパラについて

アスパラ栽培を始めよう

アスパラ生産の事前準備

農業豆知識

パイプハウスの建て方

農業における収入

肥料・農薬・資材について

約120万円分!1粒30円のアスパラの種を4万粒播きました!

約120万円分!1粒30円のアスパラの種を4万粒播きました!
さて、本日はアスパラの種まきを行いました。作業人数は8人で行いました。

asuparatanemakikaishi.JPG
 
スタート時間は朝8時半から開始しました。さて何時に終わるでしょうか。

garibaatane.JPG

werukamutane.JPG

こんな具合にマスメ毎に種を置いていく訳ですね。コツは種を置いていく様なイメージで、深く埋めない様に気を付けないといけません。理由は種を土の中に深く埋めてしまうと酸素が入りにくくなり、発芽しにくくなってしまいますからね。ちなみに、黄色の種がガリバーで、黒い種がウェルカムと言う品種になります。種代はガリバーが1粒40円でウェルカムが1粒7円です。

hukudo.JPG 

asuparanaenarabe.JPG

種を播いたら5mm以上覆土をして、苗床に並べていきます。苗箱を並べる際に気を配る事としては、苗床は真ん中より端の方の温度が下がる為、両端の苗箱に入っているセルトレイはなるべく中心に寄せるようにします。拡大するとこんな感じです↓

asuparanehaichi.jpg

asuparanaenarabe.JPG
並べた苗に十分灌水し、パオパオ(通気性、保温、保湿性を持つ布)を被せ、さらに灌水をして十分に湿度を保つようにします。そこからビニール、保温シートを被せて終了です。電熱線設定温度は30℃に設定します。

asuparahihuku.JPG

大体播種後10日程で発芽しますが、その間に地温が35℃以上になるようだとビニールを開けるなどして、温度が上がり過ぎない様に管理が必要です。
また、乾燥しない様に播種後4日程度に灌水をしておいた方が良いでしょう。さて、芽が出てくるのはいつごろになるでしょうね。ではまた!

「アスパラガス生産」の記事一覧